公益財団法人福岡県薬剤師会

文字サイズ 文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

  • ホーム
  • 福岡県薬剤師会について
  • 県民の皆様へ
  • 薬剤師の皆様へ
  • 薬事情報センター
  • 会員専用ページ

会員(薬剤師)向け

腫瘍JASPO認定セミナー

※申し込み受付を終了いたしました

腫瘍JASPO認定セミナー

【腫瘍JASPO認定薬剤師養成セミナースケジュール】 原則、2年間継続受講

  • 開催場所 福岡県薬剤師会館(第1回以降)
  • 受付開始 セミナー開始30分前
  • 受講料 無料(第一回以降)

平成27年度

開催次・日時

内容

詳細(講師等)

平成27年8月2日(日)
10:00~16:00
九大臨床大講堂

スタートアップセミナー
がん治療と抗がん剤の副作用の基礎。
各種がんの薬剤管理指導の基礎知識
(スタートアップ
セミナー2015DVD上映)

主催 JASPO
受講料
学会員\3,240
非会員\4,320
受講単位数 6単位
第1回以降受講の為の必須セミナー

第1回
平成27年9月12日
(土)
16時~19時

県薬会館

フォローアップセミナー
(第2回以降の準備セミナー)

  • がん治療に必要な薬物療法
  • 抗がん薬による嘔吐および緊急を要する副作用等
  • 抗がん薬による脱毛
  • 皮膚障害等
  • がん薬物療法における薬剤管理指導のポイント

主催 県薬
受講料 無料
受講単位数 2単位
座学

演題1
がん治療に必要な薬物療法の基本知識①がん治療の考え方
山口 健太郎(長崎大学病院薬剤部薬剤主任)

演題2
がん治療に必要な薬物療法の基本知識②情報の読み方
高橋 郷(東京医療センター薬剤部)
 
演題3
臨床でよく見る抗がん薬の副作用対策
衛藤 智章(九州がんセンター薬剤科薬務主任)
 
演題4
内分泌療法の服薬指導
葉田 昌生(JCHO久留米総合病院統括診療部薬剤科)

第2回
平成27年11月14
日(土)
16時~19時

県薬会館

テーマ1
(殺細胞性抗がん剤、カペシタビンを例として)
作用機序と特徴
副作用対策(手足症候群を中心に)

主催 県薬
受講料 無料
受講単位数 2単位
座学

演題1
大腸癌の病態と治療(60分)
古賀総合病院(宮崎市)薬剤部 橘 尚子
 
演題2
大腸癌化学療法における支持療法(60分)
九州医療センター薬剤部 副薬剤部長 林 稔展

演題3
大腸癌患者への薬学的介入の実際とサマリの書き方(30分×2)
調剤薬局における事例:そうごう薬局 天神中央店 下川 友香理
病院における事例:九州がんセンター 薬剤部 薬務主任 魚井 みゆき

第3回
平成28年1月23日
(土)
16時~19時

天神チクモクビル
(福岡市中央区天神3丁目10−27)

スモールグループディスカッション
カペシタビンを含む模擬症例検討

主催 県薬
受講料 無料
受講単位数 2単位
GD(1G=10人

平成28年度

開催次・日時

内容

詳細(講師等)

第4回
平成28年4月9日(土)
16時~19時

県薬会館

テーマ2
(分子標的薬、エルロチニブを例として)

作用機序と特徴
副作用対策

主催 県薬
受講料 無料
受講単位数 2単位
座学

演題1
肺がんの病態と治療(60分)
独立行政法人地域医療機能推進機構 九州病院薬剤部
主任薬剤師  桑村 恒夫 先生

演題2
支持療法:分子標的治療薬の副作用対策(60分)
北九州市立医療センター薬剤課
主任 米谷 頼人 先生

演題3
肺がん患者への薬学介入事例と介入のコツ(各30分ずつ)
事例①
独立行政法人地域医療機能推進機構 九州病院薬剤部杉原 徹哉 先生

事例②
社会医療法人共愛会 戸畑共立病院薬剤科
主任 阿部 雅雄 先生

第5回
平成28年6月11日(土)
16時~19時

天神チクモクビル
(福岡市中央区天神3丁目10−27

スモールグループディスカッション

エルロチニブを含む模擬症例検討

主催 県薬
受講料 無料
受講単位数 2単位
GD

受講希望者へのお知らせ

    1. 第1回以降の県薬主催セミナーの継続受講者は、8/2のスタートアップセミナー(DVD上映、主催JASPO)の登録受講を必須とします(有料)。
      ※注
      8/2のスタートアップセミナーを受講しなければ、第1回目以降の県薬主催セミナーの講義内容が理解出来なくなる恐れがあります。
    2. スタートアップセミナーの登録や受講料支払い方法等詳細はJASPOホームページを御覧下さい(6月11日13時受付開始)。
      ◆日本臨床腫瘍薬学会(JASPO)ホームページ
      URL:https://jaspo-oncology.org/
    3. 第1回以降の県薬主催セミナー受講者は、2年間の継続受講と学会員であることを前提とし、県薬会員、県病薬会員(県薬入会奨励します)とします。
      (学会員でないと受講出来ない場合があります。)
    4. 2年間、セミナー継続受講(32単位)、JASPO年会(40単位)参加、日薬大会(12単位)参加でJASPOの認定受講単位を満たしていきます。
    5. (公財)日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師の修得は各学会共通の認定要件です。
    6. JASPO認定受講単位と日本薬剤師研修センター集合研修単位を同時に習得できます。
    7. 定員となり次第、募集を〆切させていただきます。
    8. セミナー当日の受付は、開始30分前から始めます。
    9. 主催・お問い合わせ先
      (公社)福岡県薬剤師会
      〒812-0018 福岡市博多区住吉2-20-15
      電話092-271-3791 FAX 092-281-4104

詳細はこちら (71KB; PDFファイル)

ページの先頭に戻る