公益財団法人福岡県薬剤師会

文字サイズ 文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

  • ホーム
  • 福岡県薬剤師会について
  • 県民の皆様へ
  • 薬剤師の皆様へ
  • 薬事情報センター
  • 会員専用ページ

読むおクスリ

読むおクスリ


クスリについてわからないことは『かかりつけ薬局』の薬剤師へお尋ねください。

たとえばこんなこと・・・・・・・・・・


くすりの服用時間の「食前」「食間」「食後」には何か理由がありますか?


くすりの効果がよく現れ、副作用も少なくなるように、それぞれのクスリに服用時間が決められています。

食前とは

食事の約30分前のことです。食事の直前ではありません。


(理由)

胃の中には食物がなく、ほとんど胃はカラッポの状態。このような状態の時はクスリはすぐに溶けて速く吸収され効果もよく現れます。たとえば漢方薬は食前に飲みます。
多量の水かお白湯(ぬるま湯)で飲むと胃への負担は少なくなります。

食間とは

食事と食事の間、たとえば朝食と昼食の間で、食後2~3時間後のことです。食事をしながらではありません。


(理由)
食前と同じで胃はほとんどカラッポの状態。
胃の粘膜を保護する胃潰瘍のクスリなどは胃の中に食物があるとじゃまになってしまいます。
また食物こくっついて吸収されにくくなるクスリも食間に飲むとよいですね。

食後とは

食事の後30分以内のことです。


(理由)
胃の中に食物が入っているので、胃の粘膜とクスリが接する面が少なくなります。だから胃を刺激して粘膜をあらすようなクスリから胃をまもります。。たとえば鎮痛薬を食後に飲むと、胃障害が少なくなります。



晩酌で1日の疲れを吹き飛ばしています。クスリを飲んでいますが大丈夫ですか?


アルコールの影響で普通はクスリの効果が強く現れます。


睡眠薬、精神安定剤、抗けいれん薬、糖尿病治療薬、鎮痛剤、血栓を作りにくくする薬(ワルファリン)などは副作用が強く出てしまうので危険です。晩酌は控えめに、とくに宴会のシーズンには注意してください。
また逆に、いつもお酒を飲んでいる人はかえって薬の効果が弱くなり、病気の治療がうまくいかないこともあります。
ビール、日本酒、焼酎、ウイスキー・・・はもちろん、ときどき元気づけに飲んでいるドリンク剤にもアルコールが入っているものがあります。ご用心!!


気軽に相談できるかかりつけ薬局を持ちましょう。
薬局はあなたが自由に選べます。

クスリについての疑問はいつも処方せんを持っていくかかりつけ薬局へ


かかりつけ薬局では、クスリをより有効で安全に使用していただくために、あなたの「薬歴」を作り、あなたが飲んでいるすべてのクスリの名前や量、アレルギーの有無などを記録し保管しています。そしていろいろな病院や医院から出されたクスリや、薬局で買ったクスリの中で、


  • 同じ作用のクスリが重複していないか?
  • クスリ同士で相互作用はないか?
  • 副作用は大丈夫か?


医師と連絡をとりながらチェックします。また、アルコール、タバコ、健康食品や一般の食品がクスリの作用へ影響するかどうかもチェックします。

ページの先頭に戻る