公益財団法人福岡県薬剤師会

文字サイズ 文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

  • ホーム
  • 福岡県薬剤師会について
  • 県民の皆様へ
  • 薬剤師の皆様へ
  • 薬事情報センター
  • 会員専用ページ

質疑応答

質疑・応答をご覧になる方へ


福岡県薬会報に掲載している「情報センターに寄せられた質疑・応答の紹介」事例です。

回答はその時点での情報による回答であり、また紹介した事例が、すべての患者さんに当てはまるものではないことにご留意ください。

県民の皆様は、ご自身の薬について分からなくなったなどの場合には、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。相談しやすい“かかりつけ薬局”を持っておくのがよいでしょう。


質疑・応答検索

相談内容をクリックすると回答内容がご覧になれます。

※相談内容を検索する際に、検索語に英数字が含まれる場合は、半角と全角の両方での検索をお試しください。

心不全治療薬のARNIとはどんな薬か?(一般) 
疾病・治療法
年月 2019年11月 

アンジオテンシン受容体-ネプリライシン阻害薬(ARNI:angiotensin receptor-neprilysin inhibitor)は、レニン-アンジオテンシン系抑制薬とネプリライシン阻害薬との合剤で、新規の心不全治療薬として期待されている。ネプリライシンは中性エンドペプチターゼであり、主な作用は内因性血管拡張作用を有するナトリウム利尿ペプチドの分解である。その他、ブラジキニン、アドレノメデュリン、サブスタンスP、アンジオテンシンⅠ・Ⅱ、エンドセリンⅠなどの分解にも関与する。ARNIは交感神経系やレニン-アンジオテンシン系など、血管収縮性に働く神経体液因子に拮抗することにより心不全治療効果を示すと考えられる。国内では、ネプリライシン阻害薬のプロドラッグであるサクビトリルと、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬のバルサルタンを1:1で共有結合させたANRI(LCZ696、ノバルティスファーマ)が申請中である(2019年11月時点)。

ページの先頭に戻る