公益財団法人福岡県薬剤師会

文字サイズ 文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

  • ホーム
  • 福岡県薬剤師会について
  • 県民の皆様へ
  • 薬剤師の皆様へ
  • 薬事情報センター
  • 会員専用ページ

質疑応答

質疑・応答をご覧になる方へ


福岡県薬会報に掲載している「情報センターに寄せられた質疑・応答の紹介」事例です。

回答はその時点での情報による回答であり、また紹介した事例が、すべての患者さんに当てはまるものではないことにご留意ください。

県民の皆様は、ご自身の薬について分からなくなったなどの場合には、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。相談しやすい“かかりつけ薬局”を持っておくのがよいでしょう。


質疑・応答検索

相談内容をクリックすると回答内容がご覧になれます。

※相談内容を検索する際に、検索語に英数字が含まれる場合は、半角と全角の両方での検索をお試しください。

副腎皮質ステロイド(内服)投与による糖尿病の対策は?(薬局) 
副作用、中毒、妊婦・授乳婦
年月 2019年10月 

潜在的に耐糖能低下がある場合に起こりやすく、投与前の血糖値やHbA1cなどの測定は、糖尿病発症予測や副腎皮質ステロイドによる増悪を評価する上で不可欠である。発症時期は80%が薬剤投与4ヶ月以内のため、その期間は特に注意する。血糖値の上昇は、服用開始後数時間で顕著になることもあるため、大量投与する場合は翌日に血糖値を測定する。治療は食事療法と運動療法が基本だが、十分な血糖コントロールが得られなければ、経口糖尿病薬、インスリンを使用する。副腎皮質ステロイドの増量・減量とともに耐糖能異常の程度も変わるため、その時に応じた血糖コントロールと低血糖予防が必要である。 

ページの先頭に戻る